ながれ星☆Weblog

好きな事を自由気ままに☆

【音楽】SEKAINOOWARI☆5曲選!!ライブに幾度と参戦した私が大好きなセカオワワールドを徹底的に紹介します!!

f:id:abcdefg0315:20170114184938j:plain

出典:https://twitter.com/SekaiNoOwariOFC

 

 

 

 

sekainoowari.jp

 

 SEKAINOOWARIとは

 

通称:セカオワは2011年にメジャーデビューをしました(^^)現在はNakajinがリーダーですが初代リーダーはボーカルのFukaseで、Fukaseの呼びかけによってバンドメンバーが集まりました☆2006年に東京都大田区に自作ライブハウス「club EARTH」を作り、コピーバンドから始める。その後、面をしている男:DJ LOVEが初代から二代目となり、現在のセカオワとして始動。インディーズを経て、メジャーデビューから僅か3ヶ月で日本武道館ワンマンライブを成功させるという偉業を達成しました(^^)インディーズの頃から全国ワンマンツアーを行うなど、輝かしいスピード出世のように聞こえますが、そんなことはありません。バンドメンバーが見つからなかったとかライブハウスでの最初のライブは観客が10人そこそこだったなど、他の苦労バンドと変わりありません。Fukaseが音楽を本気で始めたのが20歳という他のバンドに比べてかなり遅い事を考えると、想像も出来ないような苦労があったはず。それに加えてボーカルのFukaseは昔パニック障害となり精神病棟の閉鎖病棟に入院するなどの過去があり、その治療薬の副作用に苦しんでいた時期がありました。ADHDという発達障害の影響でどんなに勉強しても成績が悪く、記憶がなくなり行こうとしていた場所が分からなくなるといった事もありました。そんなドン底の生活の中、Fukaseに残されていたのは音楽と仲間でした☆世界の終わりから始めてみようということで、バンド名が決まりました

 

 

 セカオワメンバー

 

 SEKAINOOWARIのメンバーはボーカルのFukase、Nakajin、Saori、DJ LOVEの4人で構成されています。独特の世界観を持っている彼らはどんな人物なのか?少しだけご紹介したいと思います(^^)

 

 Fukase(写真:右から二番目) 

1985年10月13日生まれの東京都出身。基本はボーカルですが、ギターや打楽器なども担当します☆セカオワの楽曲で一番作詞・作曲を手がけています。セカオワのメンバーは4人全員が一つ屋根の下で生活をしていて、同じ共感・刺激を受けながら曲を作るという異色の一心同体バンドですが、作り出された曲はやはりFukaseの独特の感性によるところが大きい印象があります。アルバム「Tree」での全国ツアーでのステージでは、Fukaseが夢に見たという巨大な木をそのまま再現するという、自力で正夢にしてしまうといった事や、バンド結成~インディーズの間では戦争や死といったダークな部分を歌った曲が多く、Fukaseの感性によるものもそうですがメッセージ性の強い楽曲が多くあります☆精神病を乗り越えた経緯から強い肉体と精神力が必要と考え、ランニングを趣味としてます。ライブ遠征の際は近くを普通に走っているようで、探せば多分Fukaseを見つける事が出来ると思います(^^;)笑 セカオワの最大の魅力はFukaseの優しい声です。私はイヤホンでずっと聴いていると耳が痛くなるのですが、セカオワは何故かそれがありません(^^)ユニセックスでかっこ可愛いビジュアルから、ライブ中では女性ファンからの黄色い声もしばしば。なのですが同メンバーのSaoriからは「天真爛漫で神経質」と辛口な評価をされています(笑)女性関係でのニュースが度々ありますが、タイプはブレてないようでそこは評価すべきかと☆

 

 Nakajin(写真:一番右) 

1985年10月22日生まれの東京都出身。ボーカルやコーラス、ギターやベースなど幅広く担当しサウンドプロデューサーとして活躍しています。ジャニーズの関ジャニ∞山下智久等に楽曲提供も行っています☆メガネと帽子がトレードマークです☆ボーカルはほとんどがFukaseなのですが、Nakajinが単独で歌う曲もいくつかあり、芯が通った声だと多方面から定評があります☆ライブでは盛り上げの掛け声や最初の方にMCとして話す場面が多いですね。学生時代からFukaseと交流があり、Fukaseが学校の上履きにゆずの絵を描いていて、Nakajinがそれを見て「ゆず聴くの?」とFukaseに聞く。これがセカオワの始まりとなりました(^^)それからはゆずのコピーをしたりした時期もありましたが、一度二人は途絶えてしまいましたがまた再会。二人とも音楽が趣味でバンドのホントの初期メンバーということで仲が良く、ライブ中でも肩を抱き合いながら歌う二人の様子からも良関係と深い信頼を窺うことができます☆Saoriからは「真面目でストイック」とそこそこ?いい評価を貰っているようです。個人的な見解になりますが、ライブ中のMCではFukaseとSaoriがやはり不思議な世界観を持っているようで、たまに話がよく分からなかったりよく聞こえない時があります‥が、その分Nakajinが割と普通に喋るのでSaoriの評価通りの真面目な部分がよく分かります(中傷ではありません)2017年1月12日、一般女性との婚約を発表しました☆

 

 Saori(左から二番目)

1986年8月13日生まれの大阪出身。メンバーの紅一点です(^^)5歳からピアノを始め音大に通っていた経緯があり、ピアノやキーボードに加えライブでの総合演出を担当しています☆小学校でいじめられていた過去があり、その流れから女子グループではなく男子の輪の中に落ち着くようになり、それは現在のセカオワの状況でも同じ☆Fukaseとは幼稚園で一緒となり、中学で仲良くなる。周りの人達が話さないような深い話をするようになり、喧嘩も多々あったがFukaseとは根っこの部分で通じている部分があります。ライブ中に時折Saoriを見るFukaseが底抜けに優しい目をしている事からも、セカオワの中でもFukaseとSaoriは特に深い絆があるようです。幻の命の歌詞の中に「ツクシ」という亡き子を綴った部分があります。FukaseとSaoriの子供が中絶・流産してしまったのでは?という憶測が飛び交っていますが、セカオワからの解説はなく「あの歌詞にあることが全て」と一言だけコメントがあるだけです。不思議ちゃんのように見えますが、中身は繊細で勝気で認めてもらいたい欲求が人一倍強いとても人間味のある女性です(^^)セカオワにはFukaseから「お前だけは入れたくなかったけどもうお前でいいや」という投げやりなのかツンデレなのかイミフな誘い文句で加入。2017年1月12日、Nakajinと同時になりましたが以前より交際をしていた俳優の池田大との結婚を発表しました(^^)結婚後どうなるかは分かりませんが、とりあえずセカオワの共同生活は続けるようですね。

 

 DJ LOVE(写真:一番左)

います。1985年8月23日生まれの東京都出身。名前・素性は不明です(^^)DJとしてサウンドセレクト・エフェクターを主に担当している。もはやバンドのトレードマークとなっているピエロのマスクは、実は引き継がれたもの☆初代LOVEはセカオワが始動してしばらくして脱退、その時「club EARTH」でボランティアスタッフをしていた現LOVE。Fukaseの高校時代の友人ということもあり、この時にバンドに入らないかと誘われる。ゲームとコーラ好き。他のメンバーとは違い社会人経験もあるDJ LOVEは、とても温厚でSaoriからも「怒ったところを見た事がない」と賞賛?されている☆他にもバンドメンバーで一番音楽に詳しく、ネットラジオ=インスタントラジオを数年間やっていた経緯もあり、リスナーもそれなりにいた。テレビに出演した際はまずDJ LOVEが弄られ、その後にトークが弾むといったいい形が出来てますね(^^)ライブ中でもDJ LOVEが喋ると何故か面白い(笑)笑われているわけではなく、メンバーからもファンからも愛されているんですね(^^)他にもライブ演出としてダンスをしたりと演出では新しい試みをいろいろ模索しているみたいです(パラシュートで登場という演出は却下でしたw)今のDJ LOVEが加入してからすぐに事務所との契約が決まった事や、他のあらゆる面でバンドに幸運をもたらしている事からもメンバー間では福の神と呼ばれています(^^)

 

 セカオワの一番の魅力は前述した通りFukaseの優しい歌声にありますが、セカオワの一番の特徴といえばやはりドラムがないということだと思います。セカオワの楽曲はファンタジー色の濃いものが多く、ドラムによって加わる他のバンドのような激しいリズムやエッジは不必要ということなんですね。「バンドにドラムがない」というのが、他の多くのバンドとは一線を画し、かつセカオワの魅力が如実に伝わった大きな要因では?と思っています。

 

 

 セカオワ5曲選

 

今では人気がありすぎて、なかなか入り込めないという人が結構いらっしゃるようです。アリーナツアーの予定も多々あり、中には初参戦という方も多いはずです(´∀`)そこで!私がこれだけは聴いてほしい☆SEKAINOOWARIの5タイトルを、発表させていただきますヽ(´▽`)/ちなみに私の5曲選はiTunesとメディア、そして私自身がライブに幾度と行って総合的にみた上での選曲です。是非参考にしてくださいね(^^)

 

 

 

 1位 スターライトパレード

 

SEKAI NO OWARI 『スターライトパレード』 Music Video - YouTube

 

 セカオワファンのほとんどが「この曲を聴いてセカオワを好きになった」という名曲です♪私もこの曲を聴いてビビッ!ときました(^^)NHKのラジオでもテーマソングになったり、トヨタ自動車「ラクティス」のCMソングとしても注目されました。楽曲は「文明が発達するたびに奪われていくものを夜空の星の光に例え歌った曲」です。神奈川県川崎にある「夜光」という工業地帯の光輝く光景を、Fukaseは自転車に乗りながら歌と歌詞を考えたそうです。ボーカル深瀬君のキレイな声がとっても映える曲だと思います。自分はいつもサビの部分を聴くと、夜の遊園地に迷いこんだような楽しい感覚に陥ります☆それが心地よくて何度も聴いてしまいますね!いつも最初に聞いた時のビビッ!と感じた感覚を思い出しながら聴いています。カラオケでも必ず歌ってしまうナンバーですね^^ライブではほぼ100%歌われる曲です。人気曲なので、大体ライブでは1番か最初の方で歌う事が多いですね。ライブでは「スターライトリング」というものが物販で販売されていますが、スターライトパレードの際はこの腕リングが光り皆飛び跳ねるので、まるで星の海の中にいるような錯覚に陥ります(´∀`)

 

f:id:abcdefg0315:20161130155223j:plain

アンコールの待ち時間では皆で歌う、ファンに愛されている名曲です(^^)

 

 

  RPG

 

SEKAI NO OWARI「RPG」 - YouTube

 

 YouTube再生回数1億回を突破した名曲です(^^)映画「クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメバイバル!!」の主題歌で、その影響もあり低年齢層からの支持が大きい曲です。ミュージックビデオでは「動物に扮した子供達に導かれるようにメンバーが集まり革命を起こす」という趣旨で終始楽しい曲調となっています。尚、ミューゾックビデオの際にボーカルの深瀬は足を骨折していたので、後半のダンスはプロダンサーがセカオワメンバーの面をつけて踊っています(^^)汗。楽曲はハートフルで歌詞も清々しいので、カラオケでよく歌う人も多いのではないでしょうか?(´∀`)サビの「空は青く澄み渡り海を目指して歩く」の部分が、これから壮大な冒険に出掛けるような、そんな忘れてしまった少年心をくすぐるみたいに聴いている人を高揚させてくれます☆ライブでもイントロから皆で手拍子をして盛り上がる曲で、是非聴いて欲しい曲の中の一つです!ちなみに歌詞にもありますが、Saoriはペルセウス座流星群の日に生まれたそうです(^^)この曲の続編に「Hey Ho」になります。

 

 

  Dragon Night

 

SEKAI NO OWARI - Dragon Night - YouTube

英語パージョンになります(^^)

 

 「ドラゲナイ」この言葉は社会現象にもなり、流行語にもノミネートされていました(´∀`)他にもミュージックビデオでメンバーが着ていた白ファーモッズコートや、深瀬が使うトランシーバー型マイクも有名になりました☆ちなみに「ドラゲナイ」はボーカル深瀬公認となっています(^^)曲はとにかくアップテンポのテンション↑のナンバーです!こちらもカラオケでは有名で皆よく歌っていますよね。恐らく、ライブで一番盛り上がる曲ではないでしょうか?この曲は歌っている時もイイのですが、実はサビ後のイントロがとても特徴的です☆最高に盛り上がっているディスコ会場に来たかのように、つい飛び跳ねたくなるような気分にさせてくれます♪カラオケで飛び跳ねてソファから落ちた時の事を思い出します(笑)ライブでも皆でサビを歌う機会のある曲なので、知っていて絶対損はない曲です(^O^)

 

 

 位 炎と森のカーニバル

 

SEKAI NO OWARI「炎と森のカーニバル」 - YouTube

 

自分的にはセカオワらしさが良く出ている曲だと思います(^^)楽曲は神奈川県にある「よこはまコスモワールド」がモチーフです。楽曲は歌詞にもある通りミイラ男や魔法使い、シンデレラなどのフィクションキャラ達が登場する幻想的でファンタジー色の強い、思わずウキウキしてしまうような曲です(説明下手ですみません)自分が遊園地好きなせいか、この曲はふとした時についつい聴いてしまいます☆曲のテンポが私の歩くテンポとちょうど合致しているのです(笑)レコード大賞の優秀作品賞も受賞しています(´∀`)RPGほどではないですが、2014年のYouTube年間再生数は日本で7位☆ライブではイントロ長めで観客が拍手をして期待感を膨らませていくのが印象的ですね(^^)PVでは幻想的な森の中でミイラ達とダンスをします♪ちなみに歌詞はきゃりーぱみゅぱみゅさんへ向けて書いたとFukaseが言っております。

 

 

 位 虹色の戦争

 

世界の終わり / 虹色の戦争 - YouTube

 

虹色の戦争はセカオワがメジャーデビュー前にリリースしたアルバム「EARTH」の収録曲です。かなりノリのいいアップテンポの曲なので、ライブではもはや定番曲です☆セカオワ初期の曲は今のファンタジー色濃い楽曲とは少し違い、かなりメッセージ性のある曲が多いです。PVやライブで聴いていると分かりますが、かなり激しい歌なのにボーカル深瀬はすごく冷静に歌っています。これは同メンバーのSaoriから「感情を込めて歌わない方がいい」とアドバイスを受けたからです。歌詞に想いを綴っているだけでそれが正しいと断言して歌うのではなく、もっと抑えて歌った方がいいという考えからです。深いですね。虹色の戦争は、タイトル通り戦争や日常の中の矛盾を歌った曲だそうです。私もカラオケで歌うのですが、サビ直前の約2秒の無音がたまらなく格好良いです(^^)ライブでは後半を皆で歌ったり定番の掛け声もあるので、初期からのセカオワファンはたぶん皆好きな曲だと思います。

 

 

 

 寄せ書き&写真(^^)♪

 

ちょっと古いですが、新潟でのライブ時に私が作った寄せ書きです(^^)新潟に来てくれたお礼と、DJ:LOVEが誕生日だったのです♪

絵下手だけど(笑)

 

f:id:abcdefg0315:20161201104014j:plain

 

文の赤字が「ながれ星」私の名前になってます。ネジ込みました(笑)セカオワの文字には「IWAI=祝い」の文字が入っていたので、ちょうど良かったです(^^)

 

f:id:abcdefg0315:20161201104047j:plain

 

中央サークルの中はセカオワの曲をイラストで表現してあります♪たくさんのファンの方に隙間なく書いて頂きました!!

 

f:id:abcdefg0315:20161201104132j:plain

 

f:id:abcdefg0315:20161201104347j:plain

 

計3枚(^^) 皆ライブに来る程のファンなので快く引き受けてくれました(^^)

 

f:id:abcdefg0315:20161223211357j:plain

 

こちらは日産スタジアムでのライブ前のステージ風景です☆めちゃくちゃデカイです!!セカオワはお金かけてます(笑)

 

セカオワ5曲選☆是非参考にしてくれればと思います(´∀`)

読んでくださりありがとうございます♪

 

  

www.stars-erc.xyz

 

www.stars-erc.xyz