ながれ星☆Weblog

好きな事を自由気ままに☆

【近況】コンロが油汚れでヒドかったので徹底的に掃除した(^^)

f:id:abcdefg0315:20170122075830j:plain

この状態を維持しよう!(^^)

 

 

 掃除サボりました・・

 

2016年の秋くらいから非常に忙しく、ついに年末大掃除もスルーし2017年を迎えてしまいました(^^;)多分私の部屋には邪気が溜まっています。。元々掃除は得意ではないのですが、ひとり暮らしの為私の部屋を掃除してくれるのは私しかいない☆部屋が汚いというのは気分も良くないし風水的に悪いらしい(詳しくないけどそれくらいは分かる)なので、部屋の中を徹底的に掃除しました(^^)掃除は苦手なくせに、いざ掃除となったら細かい隙間を爪楊枝でつっつき始める程没頭してしまう程極端な性格な私☆リビング、寝室、廊下、トイレ、浴室と次々に掃除していく。そんな中一番苦戦したのがキッチンの油汚れでした。

  

 油汚れは何故とれにくいか?

 

簡単にご説明します。

油は時間と共に変化するのがポイントです☆

 

①普通の状態の油

 

料理で使用する油です。この時はまだボトルや容器に入っているので当然汚れではありません。サラサラの状態です。しかし油は基本的にはフライパンや鍋などで加熱する際に使うもので、使用すると必ず油煙=オイルミストとなって周囲に散布・付着してしまいます。

 

②時間が経過した油

 

料理で使用した油はキッチン周囲に付着します。油は時間が経過すると酸化しサラサラの状態からドロドロの状態に変化していきます。この時点で既に簡単には落ちない状態になっています。

 

③更に時間が経過した油

 

時間が経過して酸化した油は、空気中のホコリ等を取り込みドロドロの状態からカチカチの最終形態に変化します。触ると固く普通に掃除をしていては絶対にキレイには落ちません。これを落とすには特殊な洗剤が必要です。

 

以上が油汚れの時間による変化です。

 

油汚れは酸性の汚れなので、基本的にはアルカリ性の洗剤を用いて掃除を行います。逆にアルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使います。つまり汚れに対して対極のPHを使って中和させるのが大事です(^^)

 

・酸性の汚れ:油汚れ・湯垢・腐敗臭など

  ⇒マジックリン・重曹・石鹸など

アルカリ性の汚れ:水垢・カビなど

  ⇒醸造酢・クエン酸など

・中性の汚れ:ホコリなど

  ⇒ハタキ棒やモップ、掃除機など

 

 

 油汚れの対策・対処

 

油が料理で使われる以上、キッチンの油汚れを防ぐ事は難しいです。ほぼ不可能だと考えるべきです☆しかしキチンとした対処を知っていれば油汚れを最小限に抑える事はできますし、キッチンの見た目・衛生状態を維持する事ができます(^^)

 

① 料理の際は換気を

 

油煙=オイルミストは湯気と同じで上に上昇します。キッチンの天井や換気扇周りが油で汚れてしまうのはその為です。キッチンに窓がある場合は開けましょう。窓を開ける事によって空気の流れが出来て、油煙を全てではないですが外へと逃がす事ができます。

 

②都度拭き掃除を

 

料理の度に拭き掃除をしましょう。油汚れを100%防ぐ事は無理という事は、汚れを溜めないようにするしかありません。拭き方はただのカラ拭きや水拭きではなく、アルカリ電解水を染みこませた雑巾で拭きましょう。アルカリ電解水は油分を分解してくれる作用だけでなく、静電気を防いでくれる効果もあります。なので油汚れがつきにくく、ホコリも付着しにくくなります。

レック 水の激落ちくん 本体 320ml

レック 水の激落ちくん 本体 320ml

 

 

③アルミカバーは必要に応じて

 

 アルミカバー(コンロを囲うように置くアルミの壁)を採用している家庭はたくさんいらっしゃいますが、使うかどうかは人それぞれでいいかなと私は思います。アルミカバーは壁に油汚れが付着するのを防いでくれますが、見た目が悪いという問題で採用していない人も多くいます。更にカバーの下や裏側などに汚れが溜まりやすくなるという欠点もあり、定期的に交換するという手間もあります。簡単に言うと一長一短なので、使うかどうかはお好みで☆賃貸で壁に汚れや傷をつけたくないという人にはオススメです。

 

 実際にやってみた

 

 最初の一番汚い状態は、ホントにひどかったのでお見せする事ができません(^^;)私が今回挑んだのは最も悪いカチカチの状態だったので、汚れを落とすのはとても大変でした(笑)

 私が今回使ったのはコチラです↓

マジックリン 台所用洗剤 液体 ハンディスプレー 400ml

マジックリン 台所用洗剤 液体 ハンディスプレー 400ml

 

 昔から多くの方が愛用しているキッチン汚れ落としの定番中の定番です(^^)中には業務用の超強力なものもあったりしますが、これでじゅうぶんです(^^)やり方は簡単、油汚れに吹きかけて時間を置くだけです。強力な洗剤なので使用する際は手袋をしましょう。

 

まずは油汚れに包み込むように吹きかけます。

 

f:id:abcdefg0315:20170122135328j:plain

 

 泡まみれにしてやりました(^^)このまま時間を置きます。そうすることで油が分解されて、こびりついていた油汚れをスルスルと落とす事ができます。放置時間は10分くらいです。強力な薬剤なので、あまり長時間置くとシンクやコンロが劣化してしまうので注意が必要です。

 

~10分経過〜

 

時間を置いたら、すっかり油汚れは分解されています(^^)ここで拭き取るのですが、使用するのはキッチンペーパーです。少しの汚れだったらティッシュでもOKですが、今回のような広範囲のものだとティッシュでは水分を吸収し過ぎてしまって効率が悪いです。洗剤を吹きかけてしっかりと時間を置けば、キッチンペーパーでサッと吹くだけで汚れがとれます。キッチンペーパーはコンビニやドラッグストアなど、どこでも売ってる物で構いません。

拭き取り終わった結果がコチラ↓

 

f:id:abcdefg0315:20170122135959j:plain

 

すっかりキレイになりました(^^)!

マジックリンは消臭効果もあるので嬉しいですね♪普段からこまめに拭き掃除を行い、今回のようにひどくなった汚れには強力洗剤を使えば、汚れやすいキッチンでも衛生状態を保つ事ができます。

 

 今回は私があまり時間を作れなかったのでマジックリンを使用しましたが、油汚れなら重曹を使うのも効果的です(^^)

自然にやさしい重曹 お徳用 1kg

自然にやさしい重曹 お徳用 1kg

 

 使い方は基本的にはマジックリンと同じ。水に溶かして汚れに吹きかけ、時間を置いて拭き取るだけです。重曹は人体に悪影響も少なく物を傷めないのが特徴で、使っている方は多いと思います(^^)

 

 

いかがでしたでしょうか?(^^)

簡単に自分が行っている掃除法をまとめてみました☆少しでも役に立って頂ければと思います!

 

 

www.stars-erc.xyz

 

www.stars-erc.xyz