ながれ星☆Weblog

好きな事を自由気ままに☆

【遊戯王デュエルリンクス】真パック配信で環境激変!?現デュエルキングの私のデッキを公開しちゃいます(^^)

f:id:abcdefg0315:20170128015800j:plain

出典:https://twitter.com/YuGiOh_DL_INFO

 

※2017/1/28までの情報にて

  

 

www.konami.com

 

 真パック配信!

 

【 ネオーインパクト 】です☆

(2016/12/28  9:00より配信)

ついにパック第3弾が配信されました!!テーマとしては「儀式」ですね☆強力な儀式モンスターやそれらの補助カードが豊富で、それ以外にも強力カードが魔法・罠・モンスターそれぞれバランス良く封入されています。前回のエイジ・オブ・ディスカバリーはパック数も少なくUR・SRも少なくてテーマもはっきりと水属性ということであまりデッキ強化の幅は広がりませんでしたが、今回はOCGでも大活躍だった懐かしのカードも含め、UR・SRも非常に多種類、どんなデッキにでも入りそうなオールマイティなカードが多いと思います。

 

 注目レアカード

 

ネオ-インパクトの注目カードをご紹介します(^^)

 

破滅の魔王ガーランドルフ

 ATK/2500 DEF/1400 ☆7 闇

今回のパックの目玉と言ってもいいと思います(^^)召喚に成功した際、このカードの攻撃力以下の守備力を持つモンスターを自分フィールドのモンスターも含めて全て破壊、破壊した数×100P攻撃力をアップします。まさに破格の効果ですね☆今回のパックにはセンジュ・ゴッドも封入されており、最初のパックに入っていたソニックバードと合わせて儀式召喚の成功率が飛躍的にアップしたと思います。そして儀式魔人プレコグスターや儀式魔人ディザーズという補助・強化カードも加わり、ガーランドルフ以外でも儀式デッキを使える可能性が広がりましたね。圧倒的な破壊効果と攻撃力、このガーランドルフを召喚できるかどうかでデュエルの勝敗が左右されると言っても過言ではないです。現在このガーランドルフを軸にデッキを構築している方は多くいます。

 

メテオ・ブラック・ドラゴン

 ATK/3500 DEF/2000 ☆8 炎

OCGでも有名な強力融合カードです(^^)今回のパックにはメテオドラゴンも入っており、城之内の初期カードとカードトレーダーで入手出来る真紅眼の黒竜と合わせて融合できます☆アルティメットドラゴンは融合召喚は難しく、実質モンスター効果で莫大なコストを払う事でしか召喚できない為、メテオブラックはリスクを下げた強力融合モンスターとして現在大人気です(^^)2枚融合なら融合素材代用カードも使いやすく、真紅眼の黒竜は黒竜の雛でスピード召喚も可能、カードトレーダーで入手可能な青竜の召喚士でデッキサーチも出来ます。現在メテオブラック召喚で相手をねじ伏せる強力デッキを使っている人が多くいます。

 

銀幕の鏡壁

永続罠∞

 現環境で最強の罠カードと断言します☆相手が攻撃してきた際、その攻撃モンスターの攻撃力を半減させる事ができます。このカードを持っているプレイヤーはほぼ100%デッキに採用しています。どんなデッキにも、です。一応永続罠なので効果を発揮し続ける事ができますが、維持コストが毎ターン2000Pもかかります(^^;)一度発動するだけでも絶大な効果がありますし、必要なければ維持コストを払わず破壊しても良し、余裕があれば払っても良しという形になります。このカードの登場によってデュエルの駆け引きが以前に比べて遥かに高次元になりました☆攻撃の際は常にミラーウォールを警戒しなければならなくなりましたね。

 

4☆以下の主力カード

 レベル3・4

まずはURのダブルコストンカイザー・シーホースです(^^)攻撃力1700でそれぞれ闇・光属性のアドバンス召喚の際にこれらのカードで2体分の生贄として利用する事ができます。ブラック・マジシャンや青眼の白龍の召喚に役に立ちます☆そして龍脈に棲む者です。このカードは自分フィールド上の永続魔法カード1枚で攻撃力は300Pアップします。SRなので入手もしやすく、このカードを軸にデッキを構築する事もできます。最後にジェリービーンズマンです。レベル3で攻撃力が1750P!ついにアックスレイダーを上回るカードが出たって感じですね(^^)守備力が0なのがネックですが、レベル3なので死の4つ星での破壊対象外でもありますし、主力カードにこのカードを採用している人は多くいます(^^)

 

強力装備カード

 UR・SR

ブラックペンダンが配信されました(^^)このカードは攻撃力を500Pアップさせ、フィールド上から墓地へ送られた際に相手に500Pダメージを与えるという、強力な装備&バーンカードです☆他にも重力の斧-グラール流星の弓-シールがあります。グラールは攻撃力500Pアップ、このカードがフィールド上にある限り相手モンスターは表示形式を変更できません。シールは、装備すると攻撃力が1000Pダウンしますがダイレクトアタックが可能になります。普通に自軍モンスターに装備させてもいいですが、シールは相手モンスターに装備させて強制的に攻撃力を下げるという使い方もあります。グラールとシールはそれぞれ設定で持ち主となっている同じ名前のガーディアンモンスターがいます。これらは装備カードがフィールド上で発動していないと召喚できないのがネックなのですが、グラールは攻撃力2500Pで手札がグラールだけの場合特殊召喚が可能、シールも前述した相手に装備させて攻撃力を下げてから召喚と、トリッキーな戦略が可能です☆このガーディアンモンスターもそれぞれこのネオ-インパクトに入っています(^^)

 

 トゥーンワールド

 

といえば遊戯王デュエルモンスターの創造主にして生みの親:ペガサス・J・クロフォードですよね(^^)新たな世界:トゥーンワールドへの招待が期間限定で開かれました♪残念ですが期間限定ということですぐに終わってしまいましたが、また定期的に出現する予定です。原作の決闘キングダムと同じで、デュエルワールドのデュエリストと対戦するとスターチップを獲得する事ができます。そのスターチップを消費してペガサスに挑戦できるといった流れになります。ペガサス戦ではスコアに応じてポイントを獲得できて、ある程度貯まるとゴールドやジェム、トゥーンカードやキャラクター:ペガサスの使用権など豊富なプレゼントを貰う事ができます(^^)ペガサスは初期デッキに強力儀式カード:サクリファイスが入っており、儀式関連のカードをドロー出来るスキルや、原作でもペガサスが使っていたマインドスキャン(相手の伏せカードが確認出来る)など有能なスキルが多く、上級キャラとしてランク戦でも人気のキャラです(^^)

 

 武藤遊戯現る!!

 

 こちらも期間限定で武藤遊戯(アテムではない方)がデュエルワールドに出現しました(^^)この武藤遊戯はキャラGETできるわけではなかったのですが、ドロップで強力カードを落とす事でプレイヤー達はこぞって挑戦していました☆なんといっても目玉は破壊竜ガンドラですね!原作でも遊戯が使っていた強力カードです(^^)LPを半分コストにガンドラ以外のフィールドの全カードを破壊、その破壊したカード1枚につき300P攻撃力がアップするという規格外の効果を持ちます。私はこれ欲しさにずっと挑戦していましたが手に入れる事ができませんでした(^^;)ちなみに武藤遊戯Lv40は魔法使い族中心の魔力カウンターデッキで、攻撃力を底上げしてくる強力デッキです☆魔女狩りや迎撃準備、7つの武器を持つハンターなどを使えば簡単に勝つ事ができます(^^)

 

 真ランク戦☆

 

ランク戦の仕様が変わりました!!主な変更は以下の通りです。 

・プラチナランクの増設(ゴールドとデュエルキングの間)

・シルバーランクの昇格条件が2連勝に

シルバーランクがいつから2連勝になったのか(あまりシルバー時の記憶がない)は分かりませんが、プラチナランクの増設はいい試みだなと思いました(^^)意外と頑張ればすぐにデュエルキングになれてしまうので、その道のりが長くなったのはプレイヤーとしては挑戦のしがいがあるのでは?と思いますね。プラチナランクは他のランクに比べて少なく3ランクだけですが、デュエルキングになるにはプラチナランク3から驚異の5連勝をしなければ到達できません。このキング5連勝ルールは健在なので、結局はデュエルキングになるのは難しいということなんですけどね(^^;)また、例の真パックが新たに導入された事でデッキの種類が増えて本当に様々なデッキが台頭するようになりました。的を絞った対策というのも難しくなりましたね。

 

 ランク戦の傾向

 

この記事をUPした段階でも非常に多くのデッキが台頭しており、全てをお伝えする事はできないです(^^;)少し情報は古いですが、前回の日記に少しだけデッキ紹介と対策をまとめたものがあります。

www.stars-erc.xyz

今回はデッキ紹介ではなく全体的な傾向をいくつかご紹介したいと思います。

 

銀幕率100%

 

先ほどもお伝えした通り一番はこれかなと思います☆銀幕の鏡壁は非常に有用でどんなデッキにも入るので、ドローした時やフィールドにセットした際の安心感がハンパありません。攻撃を返り討ちにしてターンを移すというのがデュエルにおいて一番多い勝ちパターンでもあり、負けパターンでもあります。普通に上級モンスターでも倒されてしまいますし、突破方法といえばフォースで攻撃力を相手より2倍以上にするなどありますが、普通に攻撃していては絶対引っかかります。常に警戒しなければいけませんし、銀幕を恐れて攻撃が消極的になり、結果相手に主導権を握られてしまう・・という形で今デュエルリンクス界において多大な影響力を与えています。だからこそとでも言いましょうか、今トラップジャマー(バトルフェイズ中に相手の罠を無効にするカウンター罠)の使用率が増えつつありますね☆真パック配信から随分時間が経過しているので、一人ー銀幕持っていてもおかしくありません。課金勢なら絶対3枚持っています(笑)ちなみに銀幕の鏡壁はカラテ1キルも防ぐ事ができます。

 

欧州・南米で配信

 

ついに日本以外でも配信されるようになりました!(^^)必然的にプレイヤーの数が激増したので、今ランク戦のルーキー~シルバーはかなりの激戦区となっています。当然先に配信された日本プレイヤーには劣りますが、遊戯王はもちろん日本発祥ですが、世界でも大人気なので情熱や知識等は日本と遜色ありません。私も海外の方と対戦しましたが、流星の弓-シールと力の集約を使った高度なコンボを使われ負けてしまいました(^^;)あなどってはいけない!!いずれはランク戦上位も海外勢プレイヤーで飲み込まれるでしょうね! 

 

様々な儀式デッキ

 

一番多いのがガーランドルフを使った強力儀式デッキです。ガーランドルフは召喚してしまえば一気に場を制圧できてしまう強みがあるのと、今回のパックで儀式召喚がし易くなったので課金組のプレイヤーは大体このガーランドルフデッキを組んでいます。魔導雑貨商人(リバースで魔法・罠を引くまでドロー、途中で引いたモンスターは全て墓地へ)の効果を使えばディザーズやプレコグスターなどを簡単に墓地へ送る事が可能なので、更に強力な効果を持った儀式モンスターを召喚する事ができます。他に気になるといえば白竜の聖騎士を使ったデッキですね。白竜の聖騎士は4つ星の儀式モンスターで召喚もしやすく、裏守備表示モンスターをダメージ計算せずに破壊する強力な効果を持つ上、自身をリリースする事でデッキから青眼の白龍特殊召喚する事もできます。白竜もブルーアイズどちらもドラゴン族ということでスタンピング・クラッシュ(SR。自分フィールド上にドラゴン族がいる際に発動可能、相手の魔法・罠カードを1枚破壊し500Pダメージを与える)が使えたり、王者の看破(カウンター罠。自分フィールド上にレベル7以上の通常モンスターがいる際に発動、相手の魔法・罠モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚のどれか1つを無効にする)が使えたりとデッキの幅は非常に広いです。しかも白竜で限定解除を使えるのも大きいです。限定解除は1000Pライフを払って手札から儀式融合モンスターを特殊召喚できるカードですが、召喚したターンは攻撃できずターン終了後に墓地にいってしまうという大きなデメリットがあります。しかし白竜は召喚してブルーアイズを呼び出してしまえば、そのリスクを帳消しに出来るというメリットが生まれます(^^)新しいパックによって今まで使い道がなかったカード達が息を吹き返しているといった状況ですね☆

 

新しいパックによってセンジュ・ゴッドが配信され、以前からあったソニックバードと一緒になり儀式デッキの召喚率が飛躍的に上昇しています。なのでほとんど対策という対策がないのが現状ですが、儀式デッキの基本的な弱点といえば手札を多く消耗する事です。なので強力な儀式モンスターを排除してしまえばいいわけです。というわけで破壊カードの代表である突撃指令や道連れなどを多く入れればOKです。注意して欲しいのが黄泉へと渡る船はガーランドルフには有効(裏守備表示のモンスターは効果の対象外なので)ですが、黄泉船が裏表示だと白竜の効果で簡単に突破されてしまいますので気をつけましょう。強力儀式モンスターを突破すれば、手札の少ない相手は成す術がないはずです(^^)

 

重力の斧グラール

 

ガーディアン・グラールを呼び出すのに必須のカードですが、そのままでも強力な装備カードです。攻撃力500Pアップだけでも魅力的ですが、もう一つの効果として相手フィールド上のモンスターの表示形式の変更をさせないという効果もあります。これによって逆ギレパンダ(貫通効果あり)や闇の住人シャドウキラー(相手フィールド上に守備表示モンスターしかいない時にダイレクトアタック可能)などを使って攻め立てるという使い道もあります。ガーディアン・グラールは恐竜族なので、グラールデッキといえば竜崎の恐竜デッキと加えて恐竜グラールデッキとしてデッキを組んでいる人が多いですね。グラールはウェポンサモナーでもデッキサーチできるので、使いやすいカードです。召喚する際は私の経験上ほとんどの場合が手札1枚での特殊召喚を狙ってくるので、一気に高い攻撃力で圧倒してくる勢いがグラールデッキの真骨頂です。

 

この装備カード1枚で使い道が豊富で、使う際のデメリットが全くないのが重力の斧グラールの特徴です。なので普通に使われたら黙ってるしかないのですが、グラールデッキに関して言えばガーディアン・グラールは召喚の際に重力の斧グラールがフィールド上になければいけません。そこからグラールを召喚するには必ずワンクッション挟むので、重力の斧グラールを使われたらチェーンしてすぐにツイスターで破壊してしまいましょう。何故ツイスターか?というと、グラールは召喚が成功してしまえばその後重力の斧グラールが破壊されても構わないんです。つまり召喚した後に重力の斧グラールを破壊しても遅いということ。重力の斧グラールは装備カードなので使用する際は必ず相手ターン中になります。相手ターンで魔法破壊するとしたら、現環境では永続魔法・フィールド魔法破壊にも役立つツイスターが一番というわけです。マジックジャマーでもいいのですが手札1枚消費は痛いのでお好みで(^^;)

 

 現在の私のデッキ(^^)

 

プラチナランク増設にあたりデュエルキングでの道のりが険しくなりました。さすがに一つのデッキでは難しいと考え、私が今考えた中で一番バランスが良く勝率の安定しているデッキを2つ用意しました(^^)以下のデッキで私はデュエルキングまで到達しましたので、ご紹介したいと思います!!

 

 恐竜バランスデッキダイナソー竜崎:恐竜王国)

 

ハネハネ×1  クリボール×1  秒殺の暗殺者×1  黄泉へと渡る船×1  ミレニアム・スコーピオン×1  魂を喰らう者バズー×1  エレメント・ザウルス×3  ジェリービーンズマン×3  屍を貪る竜×3  二頭を持つキング・レックス×3  フォース×1  ツイスター×1  突撃指令×3  凡骨の意地×1  銀幕の鏡壁×2  道連れ×2  アポピスの呪い×1  イタクアの暴風×1  

計30枚

 前回の記事でも紹介した恐竜デッキに少し手を加えました(^^)エレメント・ザウルスはフィールド上に地属性モンスターがいれば破壊した際の相手のモンスター効果を無効化できる非常に有用な効果があるのでバオウが必要なくなりました。恐竜を軸にジェリービーンズマンで更に攻撃力の高いユニットを備え、突撃指令と道連れでバンバン相手の強力モンスターを除去していくのが基本方針です。凡骨の意地の効果は絶大ですね。私の経験上ですがデッキ30枚で同じカードを3枚入れていれば7~8割くらいの確率でドローできます。なので通常モンスターが9枚も入っていれば確実に凡骨の意地を発動できるといったわけです。凡骨の意地を入れているのは手札増強もありますが、真の狙いは恐竜王国を破壊されたくないからです。ミレニアムスコーピオンを入れているのは攻撃力にさほど期待はしていなく、フライング寄生対策と呪魂の仮面による封殺対策によるところです。攻撃に特化しているだけでなくクリボールやハネハネ、アポピスやイタクアで相手の攻撃を防いだりと攻守のバランスがとれているのがこのデッキの特徴です(^^)

 

 フライング植物デッキ(インセクター羽蛾:フライング寄生)

  

クリボール×1  カンツウツボ×2  秒殺の暗殺者×1  黄泉へと渡る船×1  ナチュル・ストロベリー×3  闇の住人シャドウキラー×3  逆ギレパンダ×2  異形の従者×1  ジェリービーンズマン×3  フォース×1  ツイスター×1  重力の斧グラール×3  生贄の抱く爆弾×1  銀幕の鏡壁×2  道連れ×1  メタル化・魔法反射装甲×1  イタクアの暴風×1  竹頭木屑×2

 計30枚

フライング寄生はあくまでオマケですが、他のドロー補助スキルと違って自分の通常ドローを振り替えないという点と相手のドローを潰してダメージを与えるという確実な効果があるので非常に強力なスキルですよね(^^)このデッキはフライング寄生によるバーンデッキと思わせて実はグラールロックデッキなのです。相手がドローして強制召喚されるパラサイトは確実に守備表示で出されます。これをグラールロックするか、パラサイトは攻守共に弱小なので貫通モンスターで倒すか、です。そしてこのデッキの一番の特徴は竹頭木屑を採用していることです。竹頭木屑は自分フィールド上の植物モンスターを生贄にして相手フィールド上にプラントークン(攻800守500)を2体守備表示で特殊召喚する罠カードですが、これによって相手フィールド上を弱小守備モンスターで埋め尽くすのが狙いです。相手フィールド上の弱小モンスターをグラールロックしてシャドウキラーでダイレクトアタックするか、逆ギレパンダで貫通大ダメージを与えるのが基本方針となります(^^)埋め尽くされた弱小モンスターを除去しようと、ほとんどのプレイヤーは生贄召喚をしますが、そうしたら生贄の抱く爆弾で迎え撃つ、と。意外と隙のない戦法です☆特に竹頭木屑は採用しているプレイヤーがほとんどいなく(私は見た事がない)対応に困るプレイヤーが多いはずです。全体的に攻撃力低めでパワー不足なところはありますが、そこはグラールと鏡壁で補う、と。相手を強制的に守備表示にするアースクエイクやアポピスの呪いなどを入れてもいいかもですね☆

 

 

以上が私のデッキ紹介となります(^^)

 

 

また環境が変わったり発見がありましたら記事にします!!

 

 

www.stars-erc.xyz

 

 

www.stars-erc.xyz

 

 

www.stars-erc.xyz

 

 

www.stars-erc.xyz

 

 

www.stars-erc.xyz